TOHOシネマズで映画をお得に観るならシネマイレージカードがおすすめ

クレジットカード

趣味は映画観賞という方は多いことでしょう。
節約的には家でDVDで観賞するほうがもちろん安く済みますが、やっぱり映画は映画館の大画面で観たいですよね。
でも、DVDレンタル代に比べると映画館の料金1800円、1900円は少し高い気も…。
そこで今回はTOHOシネマズで映画をお得に観れるシネマイレージカードの紹介をしたいと思います。

スポンサーリンク

シネマイレージカードとは

正式名称は「シネマイレージカード セゾン」で、TOHOシネマズの公式カードです。

クレジット機能なし」のカードもありますが、
有効期限が1年間で年会費が初年度500円更新時300円かかるので、
「クレジット機能付」をおすすめします。

クレジット機能付は「Mastercard」と「American Express」の2種類から選べます。ただ、American Expressは年会費が3000円(税抜)かかるので、Mastercardで良いと思います。

シネマイレージカード Mastercard
・年会費:初年度無料 2年目以降300円(税抜)
・還元率:0.5%

Mastercardは2年目以降の年会費が300円ですが、
これは年間1回以上、ショッピングなどの利用があれば無料になるので、
実質年会費は無料と言えます。

映画を6本観ると1本無料

シネマイレージカードの一番のメリットは映画を6本観ると1本無料になることです。

主なTOHOシネマズ料金表
・一般              1900円
・ファーストデイ(毎月1日)    1200円
・TOHOシネマズデイ(毎月14日)  1200円
・シネマイレージデイ(毎週火曜日1400円
※12月1日のファーストデイは1000円。

このカードのすごいところは、
毎月1日と14日の1200円の日に観てもポイントが加算されることです。

1200円で6本観ても7本目は無料なので、
7200円で7本。一本あたり、なんと約1029円!

ひと月のうちに1日と14日の2日間が1200円とは有難いことですね。
でも月によっては1日・14日が難しいという時もあると思います。
そんなときは、シネマイレージカードを持つと毎週火曜日が1400円になるので、火曜日も狙い目ですね。

どんどんポイントをためて無料観賞したいところですが、ちょっとデメリットもあります。
無料観賞には席数の上限があるので、事前確認はしておいたほうが良さそうなのです。
無料観賞は年末や明らかに混んでいる時期は外したほうが無難みたいですね。

詳しくは、こちらで。
・TOHOシネマズ公式ページ
https://www.tohotheater.jp/news/cinemileage20181015.html

2018年 TOHOシネマズで観た映画の紹介

ここで私が2018年に実際に観に行ったラインナップ。
TOHOシネマズでどんな作品が上映されているかの参考にしていただければと思います。

・11/30 ボヘミアン・ラプソディ
・08/14 カメラを止めるな!
・07/14 ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
・07/01 万引き家族
・04/14 娼年
・04/01 ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文

4月以降のものになりますが、1日と14日でポイントをためて、
「ボヘミアン・ラプソディ」は無料で観ました。

2019年末にはスター・ウォーズもありますし、
また6ポイントためたいところですね。

西友で月二回土曜日に5%オフ

シネマイレージカードのもう一つの大きなメリットは、
西友で月二回土曜日に5%オフになることです。

月二回土曜日ということですが、月によって変動ありで、
2018年の12月は毎週のように5%オフでした

お酒やたばこなど一部割引除外商品もありますが、食料品は基本的に全てOKなので、
この日にまとめ買いすればお得度が高いかと思います。

詳しくはこちら。
・西友公式ページ
https://www.seiyu.co.jp/service/5off/

まとめ

映画好きで、西友でよく買い物する人には絶対おすすめなカード。

2年目以降の年会費も映画を観に行ったり、西友で買い物をすれば無料になるので、
大きなデメリットは見当たらないですね。

還元率が0.5%なので、普段使い用として別のカードも持っていても良いかもしれませんが、TOHOシネマズでよく映画を観る、西友が家の近所にあるという方は、
持っていて損のないカードだと思います。

関連記事:【映画代節約】映画館でお得に使えるクレジットカード3選!

コメント