初学者独学でも簡単!FP3級のおすすめ勉強法

FP3級の勉強法 節約術

FP3級の試験を受けてきました

合格発表はまだですが、自己採点では8割を超えていたので、おそらく合格です。

そこで、自分がやった勉強法の振り返りと反省、それらを踏まえてFP3級おすすめの勉強法を記しておきたいと思います。

スポンサーリンク

FP3級試験とは

ファイナンシャル・プランニング技能検定3級のこと。

要はファイナンシャルプランナー3級試験ということですね。

FP3級試験の難易度

学科、実技と二つありますが、試験の形式は全問マークシート方式。

合格ラインは6割

合格率は60%以上

人によっては、「1週間で合格できる!」、「20時間の勉強でOK」と言われています。

要するに、めちゃめちゃ簡単な試験ということですね。

独学で全然いけます

ただ、私のように事前知識無しの初学者は勉強時間に1か月~2か月くらいと見ておいたほうが良いと思います。

試験範囲は幅広く、教科書、問題集、過去問とやることはいっぱいあるので。

働いている方は、「土日しか勉強できない」、「平日でも1、2時間は確保できる」とそれぞれ状況は違うと思います。

自分の勉強できる時間を考えてスケジュールを立ててみてください。

私の勉強スケジュール

  • 参考書の購入:3月9日
  • 問題集の購入:3月23日
  • 試験日:5月26日

私は主に勉強できるのが土日のみだったので余裕をみて3か月前くらいに勉強を始めました

でも5月頭くらいに過去問を解いたら合格圏内の点数が取れていたので、勉強開始はもっと後でもよかったかもしれません。

使用したFP3級の参考書、問題集

購入した参考書、問題集はこちら。

FPの参考書で一番人気があるのは、「みんなが欲しかった! FPの教科書 3級」ですが、
私は「スッキリわかる FP技能士3級」を選びました。

理由は、「みんなが欲しかった! ~」に比べると、ページ数が少なく、頻出問題にしぼってある点です。

事前知識ゼロだったので、覚える範囲は少しでも少ないほうが勉強しやすいと思ったのです。

もちろん、ページ数が少ないと言ってもこの参考書でFP3級合格に十分なボリュームです。

初学者の私にはこれでも大変だったのでこの参考書で正解だったと思います。

各項目ごとに過去問の問題演習が付いていて、覚えやすいのも良かった。

私のやった勉強内容

  • 参考書を一通り読む
  • 問題集を解く
  • 参考書を一通り読む(2回目)
  • 問題集を解く(2回目)
  • 過去問を直近3回分解く

勉強内容はオーソドックスですね。他の方のブログでも同じような勉強内容だと思います。

過去問は「FP3級 過去問」と検索すればすぐに出てきます。回答も同様に見つかります。

問題集を2回解いた後なら過去問だいたい7、8割はとれると思います。

FP3級合格のコツ:とにかく記憶!

上記の勉強内容を踏まえ、私が得た結論。

  • FP3級合格のためにはとにかく覚えること!
  • 参考書を読むだけでは覚えられない。
  • 参考書を一通り読む(2回目)はいらない。

FP3級試験は全問マークシート。〇×や選択のみで、意地悪なひっかけ問題なども出題されないため、純粋に知っていれば正解できます。

なので受かるためには、とにかく覚えること!

計算問題も一部出ますが、覚えておきたい複雑な計算式は債権の利回りくらいです。

利回り={表面利率+(額面金額-購入価格)÷残存期間}÷購入価格×100

他の計算式は単純な掛け算、割り算なのですぐに覚えられます。

つまり、頭を使わなくとも知っていれば解ける問題のみなのです。

参考書を読んで全てを覚えることができれば必ず合格できることでしょう。

しかし。

私のような40過ぎの事前知識無しの初学者は参考書を読んでもさっぱり頭に入ってこない!

仮に入ってきたとしても、すぐに忘れてしまう…。

最初は参考書読むのがきつかった。

一回目で覚えなくてもいいやと思いながらでも頭に入ってこない感覚のまま読み進めるのはけっこうしんどいもんです。

色んな方のブログなどで、参考書は2、3回読め!と言われています。

初学者なので、言われたとおりに2回目も読みましたが、めくってもめくってもまるで初見のような感覚…。

 

覚えやすかったのは、やはり問題集です。

問題集をやって、間違えたところを調べると記憶が定着します。

問題文をまだ覚えているうちに、正しい答えを調べて、「ああ、これか!」と理解できたときに記憶できました。

 

なので、参考書を何回も読むのは効率が悪いです。

参考書をまるまる読むのは1回だけにして、自信がなくとも問題集と過去問をやったほうが良いです!

そして参考書は、問題集で間違った箇所をその都度読むというほうが記憶の定着には役立ちます。

 

 

まとめ:FP3級は独学でも簡単に合格できる!

  • FP3級試験は「知っているか」「知らないか」で合否が決まる
  • 記憶が大事
  • 覚えやすいのは問題集

FP3級は簡単な試験です。合格率は60%以上と高いのも納得です。

全問マークシートなので、試験当日に感が冴まくっていればそれだけで合格できるかもしれません。

しかし覚える範囲が広いので、私のような初学者は油断できません。

1回は参考書を全部読みましょう。事前知識ゼロで参考書を読むのはきついですが。

それが終わったらすぐに問題集に取り掛かりましょう。

参考書を全部と言いましたが、FP3級は6項目になっているので、各項目を読み終わるごとに問題集を解いたほうがなお良いです。

そのほうが覚えやすいです。

とにかく、FP3級は覚えること!

もちろん参考書を読むだけで覚えられるという方はそれだけでOKです。

私のような「読むだけじゃ覚えられん!」という方は問題集がおすすめ

私が「これは受かるぞ」と手ごたえを感じたのは問題集2回目を終えた時ですね。

勉強スタイルは人それぞれだと思いますが、FP3級試験をこれから受けるという方は参考にしていただければ幸いです。

 

※追記 合格してました!

FP3級合格通知書

実技は満点でした!

FP3級は独学でも合格できる!

 

おまけ

FP3級ドットコム」というサイトに問題がランダムに出る過去問道場というページがあるのでおすすめです。

・過去問道場のページ
https://fp3-siken.com/kakomon.php

私は通勤の電車の中でよくやってました。

繰り返すことで記憶の定着に役立ちますね。

何問中何問正解と正解率が出るので自分の合格率の判断材料の一つになるかと思います。

回答の解説もほとんどの問題についているのでそこで知識を広げることもできます。

コメント